INNOVALES株式会社

CONTACT

令和2年度補正予算のIT導⼊補助⾦「特別枠」の概要が発表

生産性向上 補助金や中小企業支援制度

昨日、令和元年4月7日付けで、経済産業省のHPに
令和2年補正IT導⼊補助⾦「特別枠」※の概要が
発表されました。
※正確には中⼩企業⽣産性⾰命推進事業の特別枠の内訳
※名称は「サービス等⽣産性向上IT導⼊⽀援事業」

それについてご紹介します。

令和2年補正IT導⼊補助⾦「特別枠」の発表されているサイト

発表元のURL

下記の経産省サイトに
「中小企業対策関連予算」として
IT導⼊補助⾦「特別枠」が令和2年4月7日付で発表されています。

令和2年補正IT導⼊補助⾦「特別枠」の概要(サービス等⽣産性向上IT導⼊⽀援事業の概要)

発表されている資料は主に下記になります。
IT導⼊補助⾦の記載箇所は主に下画像の赤点囲み部分です。

名称も「サービス等⽣産性向上IT導⼊⽀援事業」となっています。

【中⼩企業⽣産性⾰命推進事業の特別枠創設(経済産業省PR資料より)】

(出所「経済産業省関係令和2年度補正予算案の事業概要(PR資料)」より)

「特別枠」とは?

今のところ、上の資料以上の詳細は不明ですがあくまで当社の理解をベースに
「特別枠」とはなにか、をご紹介します。

まず、資料によると、特別枠の事業目的・概要は下記のようにあります。

中⼩企業基盤整備機構が複数年にわたって中⼩企業の⽣産性向上を継続的に⽀援する「⽣産性⾰命推進事業」について、新型コロナウイルス感染症が事業環境に与える特徴的な影響を乗り越えるために前向きな投資を⾏う事業者向けに、補助率⼜は補助上限を引き上げた「特別枠」を設けます。(PR資料より抜粋)

生産性革命推進事業(ものづくり補助金、持続化補助金、IT補助金等)の「通常枠」は
令和元年度補正予算として総額3600億円で今後3年間実施されることに既に決まっています。

「その通常枠(3600億円)に加えて、この特別枠として、700億円が追加された」※といまのところ、当社では理解しています。

つまりは今までの3600億円+新たに700億円がこの事業で活用されることになり、
IT導⼊補助⾦での労働生産性向上などの、
企業の積極的な取り組みを強くバックアップする支援策となっています。

※ただし、「3600億円で措置済みの予算の中から700億円を割り当てる」という捉え方もできますので、それがどちらかは現時点では不明です。

令和2年補正IT導⼊補助⾦「特別枠」の主な変更点

現在公募中である令和元年補正IT導⼊補助⾦と比較した
大きな変更点は2点「補助率の変更」「申請要件」です。

補助率の変更について

補助上限額はそのまま450万円ですが、
補助率が「1/2」⇒「2/3」に増加します。
また、「ハードも対象」となる。という文面があります。
ハードに関してはレンタルなどが対象になるのでは、と予想しています。

補助率が1/2から2/3になるのは事業者にとっては大きなメリットです。
通常枠だと1/2なので、この補助金の申請を予定されていた企業様は
ぜひこの特別枠の2/3にトライされてみるのが良いかもしれません。

申請要件について

特別枠なので、申請要件も追加されました。

上記PR資料の右下に、申請要件とありますが、
おそらくIT導入補助金はそのCが要件だと思われます。

つまり、下記が要件になる予定です。

「補助対象経費の1/6以上が、以下の要件に合致する投資であること」

C:テレワーク環境の整備
従業員がテレワークを実践できるような環境を整備すること
(例:WEB会議システム、PC等を含むシンクライアントシステムの導⼊)

このように、要件としては、、新型コロナウイルスの影響を受けて、テレワーク環境の整備等に取り組むことが求められるようです。
ただし、補助対象経費の1/6以上がその要件に当てはまれば良いので、
その他の生産性向上のためのIT導入投資をして、加えて、テレワーク環境の整備等に取り組めば申請の要件は満たすと思われます。

スケジュール感:2020年6月から公募開始?

スケジュール感は、はっきりとはまだ分かりませんが、
PR資料の右下に下記の文面があります。

・通年公募を⾏っている各補助事業の通常枠と同じスケジュールで公募を実施します。
・本特別枠は、年度内に予定している締切に適⽤されます。

「・通年公募を⾏っている各補助事業の通常枠と同じスケジュールで公募を実施します。」という文面から、
今年の2020年の通年公募、もしくは、来年の2021年の通年公募と同時並行として行われる、ということは読み取れます。

で、「・本特別枠は、年度内に予定している締切に適⽤されます。」という文面から
「年度内」というのが、令和2年度補正予算なので、令和2年のことか、
もしくは昨日令和元年に発表された資料なので、令和元年のことか、どちらかの締切に適用されるということになります。

ただ、予算執行の緊急性の求められる性格のものなので、当社としては今年中に公募開始されると思います。

補正予算の成立が4月〜5月の見込みなので、
早くて、今年の6月ころからこの特別枠も
通常枠と同時並行で実施されるのではないかと予想しています。
(来年の場合は来年の春から実施されると思います。)

まとめ

令和2年補正IT導⼊補助⾦「特別枠」が
創設されました。

この最悪の事態に、前向きな生産性向上に関するIT投資をはじめる中小企業を支援する良い施策だと思います。
ITによる効率化は企業の持続的な発展のために必須の取り組みとなっています。
ぜひこういった支援策を活用して長期的な事業発展につなげるIT投資を検討されては如何でしょうか。

最新情報が更新され次第、当ブログでもお知らせしていきます。

“補助金情報メルマガ”